P3

それまでの私と言えば、



セックスに関しては一般的、

もしくはそれ以下だったでしょうね。




その当時の私は、当然のことながら、女性をイカせたことなんてなかったですし、

セックスって、AVで見るようなものが気持ちいいんだろうなぁ、って思っていました。



■ 本当は、恥ずかしいのですが、それまでの私のセックスについてお話します。


私の初体験は、高校3年生でした。

当時としては少し遅かったのかなって思います。

お相手は、同じ高校の同級生の女性です。

そりゃもう、頭の中はセックスのことばかり・・・。 (← 分かりますよね?この気持ち!)



その女性と1回だけセックスをしました。



しばらくすると、女性の方から「別れて欲しい・・・。」 意味が分かりませんでした。

だってセックスするぐらい仲がいいのに。(って1回だけですけどね (^^; )

彼女の理由は、「別に好きな人ができたの・・・。」

まぁ俗にいう「二股」をかけられていたのですが、それはそれで私の魅力がなかったんでしょう。

って思っていたのですが・・・。



私の噂を聞いたのは、その2週間後でした。



「お前、早漏でヘタクソだってな!」


(えっ!ウソ? なんでお前が知ってるの・・・?)



同級生の男友達から聞きました。



そんな事を知っているのは、そう! その彼女だけです!!

必死の言い訳もむなしい気分になるだけでけでした・・・。

幸い高校生活もあと数ヶ月。

それまでは楽しかったのですが、一気に辛く・恥ずかしい高校生活となってしまいました。



月日は流れ・・・。



会社に入社してから3年目の忘年会。 22歳。

同僚の女性とお酒を飲んでいる勢いもあり、そのままセックスすることとなりました。

私は興奮状態MAX! 女性もお酒が入っているせいか少々色っぽい・・・。



アダルトビデオがお友達ってくらい見ていましたので、一番お気に入りのAVの方法で、試そうと指を

入れ、力強く高速ピストン開始!潮吹きするかなぁ・・・、



「イタイじゃない!!」



女性の気分も完全に損ねてしまって、気まずいまま朝を迎えることとなりました。



さらに、月日は流れ・・・。



25歳。

出会い系サイトで仲良くなった女性と、セックスをする事となりました。

(金銭のやり取りはありませんよ(笑))

何を気に入ってくれたのか分からないのですが、相手は20歳の学生さん。

もちろん私はやる気満々(笑)



淡々と事は進み、終わった後、彼女は、そそくさと帰り準備。



「もう帰るの?」

「そうよ。 なんで?」

「もう1回しようよ!」

「イヤよ!」

「大きな声出して気持ちよさそうにしてたよね? ねぇ。もう一回しようよ?」



「はぁ? 演技も分からないの?」


え、演技って・・・・・。(がーん)



当然のことながら、その当時には、演技と本気を見分ける術なんて持ち合わせていません。



女性の身体を知らなければ、

また身体の変化を観察していなければ

演技かどうかは分からないんです。



今なら分かるのですが、

声や表情はいくらでも、演技ができるのです。喘ぎ声なんか簡単に出せちゃうんです。


彼女の首筋にキスをしたときにもれる吐息だって、本当は演技かもしれません。

乳首を触っているときに出る声も、本当は演技かもしれません。

クリトリスを舐めるときに出る喘ぎ声も、本当は演技かもしれません。



その女性はどうだったか・・・。



当然ノウハウを知らないので、女性の身体をよく見ていません。迷宮入りです(笑)

それからもいろいろあるのですが、自分の過去恥部をさらすことは、もう許してください(汗)



私も、このノウハウを知るまでは、

女性に喜びを与えることなんて

出来ませんでした・・・・。
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。